写真入りの年賀状制作は印刷会社に依頼しよう!

ネットから年賀状が印刷できる

年末になると準備しなければいけないのが年賀状です。昔は手書きで一枚一枚作成していた年賀状ですが、最近ではネットで簡単に作成をお願いすることが出来ます。デザインの幅も広く、自分で用意した写真やイラストを用いてオンリーワンの年賀状を作成することが出来るのです。

ネット年賀状の作り方

年賀状

まずは印刷会社を決めよう

ネット年賀状は多くの印刷会社が行っているサービスなので、まずは依頼先を探すところからはじめましょう。依頼先を選ぶ基準としては、「どれだけデザインに融通がきくか」「値段はどれくらいなのか」「何日で納品してくれるか」などを目安に判断すると良いでしょう。

テンプレートを選ぶ

依頼先が決まったら、まずは年賀状のベースとなるデザインテンプレートを選択しましょう。印刷会社によって用意しているテンプレートは異なりますが、一番人気なのは干支がデザインされた年賀状です。写真やイラストも載せる場合は、そちらと相性のいいデザインかどうかも考えながら判断すると良いでしょう。

各種情報を入力しよう

デザインの大本が決まったら、差出人欄や宛名欄の記入を行いましょう。名前を間違うと失礼になりますし、住所が違うと相手に年賀状が届かなくなる恐れもあるため、正しい情報をきちんと入力するよう注意しましょう。

コメントの編集やスタンプの追加も可能

年賀状に掲載するコメントも編集できる場合が多いです。また、それに加えて簡単なイラストを追加できることもあるので、装飾を加えてボリューミーな年賀状にすると良いでしょう。これらの作業をすべて終えたら、納品先や方法、入金方法を記入して依頼完了となります。

写真入りの年賀状制作は印刷会社に依頼しよう!

はがき

個人情報を預けても大丈夫か

年賀状印刷を依頼する際に心配となる点が、「個人情報を預けてしまっても大丈夫なのか」でしょう。ほとんどの印刷会社ではサイトに暗号化通信を導入しているため、第三者に個人情報を盗み見られる心配はありません。また、信頼できる会社なら個人情報が横流しされる心配も無いでしょう。

はがき

印刷方式も多種多様

年賀状を出す際には、デザインだけでなく用紙にこだわってみても良いかもしれません。年賀状印刷は年賀用ハガキに直接印刷するのが一般的ですが、印刷会社によってはハガキに特殊加工を施して光沢感をアップさせるなど、通常の年賀状とは違った味わいを出すことが出来ます。

はがき

どのくらいで届くか

年賀状印刷を依頼する場合、一般的には4~5日程度、最大でも1週間ほどで納品してもらうことが出来ます。ただし、年末が近づくと印刷会社も最繁忙期となり、納品が送れる可能性が出ることは承知しておきましょう。なるべく余裕を持って依頼しておくのが無難です。

はがき

アプリでの印刷も可能

最近ではWebサイトだけでなく、スマホ用の年賀状作成アプリも登場しています。こちらはデザインのみが可能なものから、印刷依頼までを一括して行えるものもあるため、手軽に年賀状を作りたい方にはおすすめできます。

サイトを使うかアプリを使うか

すぐにデザインしたいならアプリ

アプリの利点は何と言っても「簡単に作れる」というところです。スマホで撮影・加工した写真をアプリで読み込み、すぐにデザインできるため、早ければ5分程でデザインは完了するでしょう。依頼まで出来るものなら、10分程で年賀状の手配を全て完了させることも出来ます。

細かくデザインしたいならWebサイト

細部までこだわってデザインしたい!という方には、Webサイトのほうが融通がきくでしょう。年賀状アプリに対応していない印刷会社も多いので、選択肢の幅を取るならWebが最適と言えます。

広告募集中